ナード・ジャパン アロマ・インストラクターコース 一部抜粋

アロマテラピー

ナード・ジャパン アロマ・インストラクターコース 一部抜粋

ラジオを生放送から、
完全収録に変更して
数ヶ月が経ちました。
収録もリハはないので、
こちらからすると生放送と
同じです。
たまには、生放送も差し込もうかな?
と思ったり・・・
さて、本日も3本収録でした。
ナード・ジャパンの
アロマ・アドバイザーコースと
アロマ・インストラクターコースの
受講ができます。
今回は、インストラクターで
学ぶ一部を切り取って説明いたしました。
 
まず三大栄養素の消化酵素につて。
炭水化物のでんぷんは
唾液中の消化酵素
「αアミラーゼ」により一部が
デキストリン→麦芽糖へと分解されます。
次に、
胃では
◎タンパク質の消化酵素
「ペプシン」が出現。
そのペプシンと塩酸と粘液を
まとめて胃液(胃酸)といいます。
その後、膵臓から
◎タンパク質の消化酵素
「トリプシンとキモトリプシン」
◎脂肪の消化酵素
「リパーゼ」
◎炭水化物の消化酵素
「アミラーゼ」
これらをまとめて、膵液といいます。
上記3つで三大栄養素が消化されます。
その後、胆汁で乳化されます。
胆汁の成分の一つ「ビリルビン」は
黄色い色をしており、尿の色が
黄色いのは胆汁のビリルビンの色なんです。
そんな話をさせていただきました。
アロマテラピーは
単純にこの精油を使うと、
体がこうなる・・・
だけではなく、体の仕組み知って
自分の体を知ることも学んでいただきます。
それが、病の予防に繋がるからです。
病気になったら、治すことも大切ですが
病気にならない体を作ること
それを知ることも大切なんです。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました